公開履歴
多様な薬と瓶

ジスロマックはマクロライド系抗生物質による殺菌作用で、細菌による感染症の治療に用いられます。
主にクラミジア菌に効果があることから、性感染症のクラミジアの治療に使用されています。
他にもジスロマックは色々な効果があるので、様々な場面で処方されます。
しかしこのジスロマックは非常に高価な薬で、病院での処方に約3,000円ほどかかります。
加えて診察料に2,000~5,000円ほど必要で、クラミジアに感染していた場合は検査費用に3,000~4,000円プラスとなり、総額で8,000~10,000円は費用がかかることになります。
初診でなければ少しは安くなりますが、病院への往復で交通費が少なからず必要になりますし、検査の手間なども考えると経済的な方法とは言えません。
ジスロマックは1回使い切りの薬とされていますが、1回でも費用は高いので、少しでも安く買いたいと思うのは人として当然の思考と言えます。

病院の処方が高いのなら、通販による個人輸入を利用するという手があります。
病院の処方とは違い種類がありますが基本的には500mgと250mgの2種類で、内容量が3~30錠で分かれています。
500mgでは3錠からのタイプで、250mgでは6錠からのタイプとなっています。
通常は250mgの6錠だけでいいのですが、クラミジアの治療なら1回1,000mgを服用するので500mgの3錠入りなら2,500円前後なので、かなり安く購入することができます。
個人輸入代行業者なら諸々の手続きも省けるので、病院の処方よりもずっと経済的と言えます。
ただし、クラミジアなどの性感染症にかかった場合は、症状を断定するために検査が必要となります。
自己診断でジスロマックを購入しても、実は違う感染症だったということもあるので、まずは病院で検査を受けることをおすすめします。