• ホーム
  • ジスロマックのジェネリックは正規品?

ジスロマックのジェネリックは正規品?

悩んでいる男性

ジスロマックにはジェネリックが存在していて、10社以上のメーカーがジスロマックのジェネリックの製造販売をしています。
そもそもジェネリックとは「一般的な」という意味で、医薬品の分野では今まで治療に使われてきた薬と有効成分が同じだけれど、特許の期限が切れたことで他のメーカーでも製造ができるようになったものです。
新薬が開発されるまでには多大なコストと時間がかかっています。
そのため、新薬が製造販売される際にはこれまでかかった研究費などを加味して薬の代金は高くなり、さらに新たな効果を持っている薬ならばさらに薬の代金は高額になります。
調剤薬局などで処方されるようになるまでに何例もの治験が行われているので、安全性は高いと言えます。

ジェネリック薬は新薬が販売されて十数年が経過して特許が切れたときに他のメーカーも製造と販売ができるようになります。
薬の中身は同じなので、効果や安全性は問題ないと言えますが、研究にかかるコストや時間が不要なため、新薬に比べて価格は3分の1~4分の3程度の価格になります。
効果や安全性が保障されている上で製造販売されているため、薬を使う人にとっては医療費の節約になります。
このような経過をたどってジェネリック薬は製造販売されているため、ジスロマックと同じ有効成分でありながら、製造メーカーが違うものが「ジスロマックのジェネリック医薬品」と呼ばれています。
厚生労働省の認可が必要なため、ジェネリック薬は正規品と言っても良い薬です。
しかし、有効成分以外の添加物などが新薬と多少違うことがあるため、ジスロマックでは全く何の変化もなかった人が、ジスロマックのジェネリックを服用して副作用が起こるというケースがあります。